越谷宮坂接骨院剥離骨折

2018/10/31

今日は今年7月に左第三指

剥離骨折をしてしまった私の経験を

お話ししましょう。

 

原因

子供とバスケットボールで遊んでいて突き指

 

痛み

とにかく半端なく痛む

見る見るうちに、腫れ上がり内出血も認めた

 

翌日

提携整形外科にてレントゲン撮影を行った。

やはり剥離骨折だった。

 

処置

アルフェンスにて、二週間固定するがレントゲン撮影の結果骨癒合率7割程度。

関節拘縮を考慮し、アルフェンス除去

指のコルセットを装着。

この日より、軽くリハビリを開始する。

 

さて、さて、リハビリは長引くものです。

何せ、浮腫が半端ないのです。

それがリハビリを邪魔をして、関節の痛みも手伝って、なかなか曲がりません。

これは、人によっても差があるみたいですが

私は、仕事を一日も休まずでしたから

安静にしてなかった事が、かなり影響したようです。

今現在、仕事には支障は無くなりましたが

完全に曲がる事は無く、違和感もあります。

骨折して3カ月が経ちます。

これから冬になり、リハビリには不利な季節に

突入です。

お風呂に入って、とにかく屈曲の練習です。

リハビリは、根気が必要な作業です。

諦めたら、曲がらなくなります。

これからまだまだ時間はかかりますが、気長に

リハビリ頑張っていきます!

 

怪我をいい加減に治していませんか?

必ずと言っていい程、後に痛みが出てくるものです。

そうならないためにも、自己判断ではなく

医療機関で受診して下さい!

宮坂接骨院では、スポーツテーピングや

運動療法などを施し、怪我の回復に努めております。

怪我でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!